住宅ローン借り換え

借り換えが得になる目安とは?

借り換えが得になる目安というものがあります。

それは、借り換えに必要となる諸費用の金額以上に、利息の軽減効果があることが前提になります。

【借り換えにかかる諸費用】
ー擇蟯垢前のローンの抵当権抹消費用
登録免許税(借り換え後のローンの抵当権設定費用、税額は債権金額の4/1000)
ローンの保証料
せ碧―饂亮蠖料
グ紙税
Σ从卻欷盈
Щ務手数料


・・・などですが、金額については、ローンの残債や各金融機関ごとによって異なります。

【借り換えが得にある目安】
.蹇璽鵑了長發1,000万円以上
∧嶌僂了弔蟯間が10年以上
借り換え前後のローンの金利差が1%以上


上記の条件を満たしていれば、ほとんどのケースで借り換えが得になります。

借り換えができないケース

どの住宅ローンでも借り換えができるわけではないので、できないケースをどんなものかを覚えておきましょう。

【借り換えができないケース】
・公的ローンへの借り換えはできません。
・民間でも、同じ金融機関内で1つの住宅ローンから別の住宅ローンへの借り換えができないことがあります。
・担保評価もその時点で行われるため、担保割れしている場合には借り換えできない場合があるので注意しましょう。
・過去1年間の支払いに延滞がある場合も借り換えできません。


自分が借り換えできないケースに当てはまっていることに気づかない人も多いので、自分が借り換えできるか否かをきちんと把握して検討する必要があります。

住宅ローンの借り換えのメリット&デメリット

住宅ローンの借り換えのメリット&デメリットは以下のようなものになります。

【借り換えのメリット】
今までの金利より低い金利のものに借換えることによって、支払利息を軽減する効果が得られます。

【借り換えのデメリット】
新規ローンを組むのと同じ手続きが必要なので、諸経費がかかります。

ローン契約書印紙代、事務取扱手数料、保証料、登記費用等がかかるので、これらのコストも含めて、返済総額の軽減効果があるかどうかをチェックすることが必要となります。

また、当面の金利が低くなるからと固定金利型から変動金利型、または固定金利選択型に借り換えた場合は、将来の金利上昇リスクを負うことになるため、現在の返済額だけを考えるのではなく、トータルで利息軽減効果が出るかどうかという確認も必要となります。

住宅ローンの借り換えとは

住宅ローンの借り換えとは、「今借りているローンを完済して、別のローンに乗り換えること」です。

やたらと住宅ローン借り換えをしようとする方もいらっしゃいますが、安易な借り換えをすると、必ず失敗し痛い目を見るので、借換えをする目的や、借り換えのメリットにはどういうものがあるのかなどをしっかりと把握しておく必要があります。

【住宅ローンの借り換えの目的】
・金利を引き下げて、総返済額を抑える
・変動や短期で借りている人が、将来の金利上昇リスクを回避す
・現在の毎月の返済額を軽減する


・・・といったものが挙げられますが、住宅ローんの借り換えの相談を専門的に行っている業者もあるので、積極的に利用するのも後悔しない住宅ローン選びにつながります。



住宅ローン金利比較シュミレーションのTOPへ>>>