返済方法について

毎月返済+ボーナス時返済

住宅ローンには、「毎月返済」と「毎月返済+ボーナス時返済」がありますが、毎月返済+ボーナス時返済とは、毎月返済に加えて、夏・冬の年2回のボーナス時にも加えて返済する方法となります。

毎月返済に比べて、毎月の返済額は、二回臨時返済が出来る分軽くなります
ただし、この返済方式で注意しなければいけない点があります。

それは、ボーナス時の返済額の設定です。

借入額の半分(公庫融資では1/4)までボーナス返済にまわすことができるのですが、ボーナスというのは実に変動の激しいものです。

会社側・本人などの成績などによっても金額が多くなったり、下がったり、もしくはボーナスカットということもある恐ろしいものです(苦笑)

例えば、ボーナス返済の金額を、50万にしていたとします。

しかし、実際ボーナスが支給されたときに、30万しかなかったら?
そうです。20万をどこからかかき集めてこなければならなくなってしまいますよね。

そのため、ボーナス時の返済額の設定については、どのくらいまでなら大丈夫なのか。ということを考えて設定する必要が出てきます。

公庫融資では借入後でも返済方法を変更することが出来るので、こうした変更を活用して、家計の状態に合わせてうまく対応するようにしましょう。

毎月返済

住宅ローンの返済方法には、「毎月返済」と「毎月返済+ボーナス時返済」がありますが、毎月返済というのは、元金+利息分の借入金を毎月一回ずつ返済していくものとなります。

毎月返済の場合、ボーナス時の返済はないため、当然一ヵ月ごとの支払いは、ボーナス返済プランに比べて重くなってしまいます

理想は、返済が重たくならない「毎月返済+ボーナス時返済」を取ることをオススメしたいのですが、自営業や自由業の場合はボーナスがありませんので難しところですね。

会社員の場合、定期的な収入&ボーナス収入があるので、収入的には安心ですが、それ以上の収入を見込むことはできいないというメリットとデメリットがあり、自営業などの場合は、毎月の収入は不安定だが、会社員よりも収入があるときもある。。。というのが、メリットとデメリットと言えるでしょう。

それに、不景気のためボーナスカットを実施している企業も少なくないので、お子さんがいる人の場合、その養育費でボーナスを使用してしまう恐れもあるので、一概にどちらがいいというのは言えません。



住宅ローン金利比較シュミレーションのTOPへ>>>