住宅ローンの返済金利について

変動金利型

住宅ローンの金利の種類に、変動金利型というものがあります。

変動金利型というのは、その時々に応じた金利で、定期的に金利の見直しが行われる金利のことになります。

変動金利型を利用した場合、借り入れ後5年間は、年2回金利が見直された場合でも、返済額のうちの元金部分と、  利息部分の調整などになり、借り入れ当初の返済額に変化はありません。

以後5年ごとに、返済額を見直しますが、その時点の元金残高がある場合、融資利率、残存期間により再計算し、新しい返済額が決定されます。

返済額が増加する場合は上限が定められているので、見直し後の返済負担が極端に重くなることはないでしょう。

固定金利選択型

住宅ローンにおいての、金利の種類の一つに固定金利選択型という種類があります。

固定金利選択型というのは、返済期間中などに、金利の種類の固定金利か変動金利かを選ぶことができるものとなります。

以前は、借り入れ当初に、固定か変動かを選ぶと、選んだ金利から動くことができなかったようですが、最近では、返済途中でも、自由に乗り換えができるものが主流になっています。

世の中の金利の変動に合わせて、自由に金利を選ぶことができるので、利用の仕方を理解すれば、固定、変動のメリット部分を最大に引き出すことができるでしょう。

大体の金融機関では、変動金利から固定金利への移動は、毎月の返済日と決められていて、固定金利から変動金利への移動は、設定期間の終了後ではないとできない・・・と決められていますので、そこに注意する必要があります。

なぜなら、固定金利を選んだ場合、金利がどんなんに低下しても、固定期間中は移動ができないので、高い金利のまま払い続けることになるからです。

金利を選ぶポイントとしましては、金利が低下している場合は変動金利を、上昇している場合は固定金利を選択する・・・ということです。

更新手続きには1回5250〜10500円ほどの手数料がかかりますが、なかには、変動金利への変更は無料、すべて無料で選択可能、といった金融機関もあるようなので、ローンを組む前によく調べておきましょう。

固定金利型

住宅ローンをするにあたって、借り入れ時の金利の種類は気になる所ですよね。

固定金利型というのは、借入期間期間中の金利が借り入れ時に決まるので、返済途中に市場金利の変動があっても、この先返済金額は一定で変わることがなく、当然金利の変動もないというものです。

そのため、返済金額が一定ということもあり、最も返済計画がたてやすい金利になります。

しかし、他の金利に比べて、借り入れ時の金利が高いということもあるようです。

低金利が続く場合などは、他の金利に比べて、完済までの総金額が、多くなるということもあり、逆に、金利が上昇基調である場合は、他の金利に比べて、最終的の総返済額が少なくなることもあります。

固定金利型は、一部の都市銀行などでも、取り扱っていますが、代表的なものなどは、住宅金融公庫と、民間金融公庫が提携したものなどになるのですが、その中にある「フラット35」は、保証料が不要なので、当初の負担が銀行ローンに比べて軽くてすみます。

さらに、返済途中で繰り上げ返済する場合も手数料は不要となります。

ただ、銀行ローンのように、団体信用生命保険料が返済に組み込まれていないので、団体信用生命保険への加入は任意になりますが、毎年保険料が必要になります。

固定金利型は、全期間の返済金額が確定するので、将来的に金利上昇などで、返済が困難になってしまったり、計画的に貯金などをしたい方などに向いているのではないでしょうか。



住宅ローン金利比較シュミレーションのTOPへ>>>