住宅ローン控除制度

対象となる借入金の範囲

住宅ローン控除制度の対象となる借入金の範囲は、以下のようになります。

〃戚鵑砲いて償還期間が10年以上の割賦償還の方法により、返済することとされている住宅の取得および増改築に係る借入金、および以下の敷地に係る借入金。

⊇斬陲亮萋世箸箸發法△修良瀉呂鮗萋世靴疹豺腓亮敍金。

住宅の新築前2年以内に取得した敷地に係る金融機関などからの借入金で、一定期間内に住宅を建築することが条件となっているもの。

住宅の新築工事着工の日後に、住宅金融公庫等から受領する借入金により、住宅の敷地を取得したときの借入金。

そ斬陲凌恵枡前に、都市基盤整備公団などから宅地分譲を受けた場合(一定の期間内の建築条件付き)の金融機関等からの借入金。


対象となる住宅等の範囲

住宅ローン控除制度の対象となる住宅等の範囲は以下のようになります。

ー己の居住の用に供する住宅の取得または増改築などで、賃貸住宅や別荘またはセカンドハウスなどは対象にならない。

家屋の登記簿上に記載されている床面積が50m2以上あり、その2分の1以上が居住用であること。

C羝貼斬陲両豺腓蓮築後20年(耐火住宅では築後25年)以内のもので、生計を一にする親族などからの購入ではないこと。

A改築の場合は、増築、改築および主要改造部分の大規模修繕などで、工事費用が100万円超であること。


住宅ローン控除の適用条件&住宅ローン控除の適用が受けられない年

住宅ローン控除は、毎年必ず受けられるものではありません
それでは、一体住宅ローン控除の適用が受けられない年とは、どんなときにことでしょうか?

それは、年合計所得金額が3,000万円を超える年分となります。(ただし、所得が3,000万円以下に戻れば適用)

また、住宅ローン控除の適用条件というのは、以下のようになります。

【新築住宅の場合】

―斬霄萋生紕競月以内に入居し、居住していること
※入居後、所有者が一時的な単身赴任などで家を離れた場合でも、家族が家に残る倍には引き続き居住しているとみなされますが、家族も一緒にいなくなってしまい、空き家状態にした期間がある場合には、その年以後全ての年で控除の適用ができなくなります。
また、単身赴任でも海外への単身赴任の場合は、家族が残っていたとしても控除の適用ができなくなりますので注意しましょう。
ただし、転勤などやむを得ない理由で家を空けた後に、それが解消して住宅に戻れるようになった場合には、その年から住宅ローン控除の適用を復活させることができます。
住宅を賃貸にして、他人に貸していた場合は、再入居の翌年からの適用されます。

登記簿上の家屋の床面積が50岼幣紊任△襪海

床面積の半分以上が、居住用として使われていること

す欺を受ける年の年収が3000万円以下であること(給与所得だけの場合、年収3336万円以下)

ナ嶌儡間が10年以上のローン融資を受けていること

ζ居した年の前々年から翌々年の5年間で、以下の特例を受けていないこと
・居住用財産の3000万円特別控除
・特定居住用財産の買い換え特例
・所有期間10年超の自宅売却の軽減税率特例
・中高層耐火建築物等の建築の為の買い換え特例(等価交換)

【中古住宅の場合】

/恵杤斬陲両豺腓陵弖錣鯀瓦橡たしていること

⊆萋世靴寝伐阿、次のいずれかにあてはまること
・建築後20年以内であること(マンションなど耐火構造の場合は25年以内)
※軽量鉄骨造は、非耐火構造です。
・平成17年4月1日以後に取得した家屋で、新耐震基準に適合している証明がされたもの

【増改築の場合】

増改築で控除を受ける場合は、適用条件がかなり厳しくなり、戸建とマンションでは適用できる工事が異なってくることがあります。
適用される工事と、そうでない工事については、かなり細かく規定されることになるので、詳所轄の税務署などに詳細を確認するようにしましょう。

ー分が所有し、居住している家であること

∩改築後の家屋全体の登記簿上の面積が50岼幣紊任△襪海

新築住宅の場合の、以外の要件を全て満たしていること

ち改築の工事費用が100万円を超えるものであること

サ鐔四冑分の工事費の額が、総工事費の半分以上を占めていること

次の工事で、一定の証明がされたものであること
・戸建て住宅の場合、増築、改築、建築基準法に規定する大規模な修繕や模様替え
・マンションなどの場合、区分所有部分の床、階段、仕切壁または壁の半分以上について行われる修繕、模様替え
・新耐震基準に適合させるための修繕・模様替え

税額控除額の計算方法

控除額(税額控除限度額)は、その年の12月31日の時点でのローン残高に対する一定の割合(控除率)となり、控除率は、平成16年12月31日までの入居の場合、一律1%となります。

【税額控除額の計算式】

控除額 = 年末のローン残高 × 控除率


平成17年以降入居の場合、「控除期間10年」は維持はしていても、「年末ローン残高」「適用年・税額控除率」「最大控除額」が以下のように減額される予定となっていますので、確認しておくといいでしょう。

●住居年がH17年の場合
・控除期間 ・・・ 10年間
・年末ローン残高 ・・・ 4000万円以下の部分
・適用年・税額控除率 ・・・ ※1〜8年目まで借入残高の1%
               ※9〜10年目は借入残高の0.5%
・最大控除額 ・・・ 360万円

●住居年がH18年の場合
・控除期間 ・・・ 10年間
・年末ローン残高 ・・・ 3000万円以下の部分
・適用年・税額控除率 ・・・ ※1〜7年目まで借入残高の1%
               ※8〜10年目は借入残高の0.5%
・最大控除額 ・・・ 255万円

●住居年がH19年の場合
・控除期間 ・・・ 10年間
・年末ローン残高 ・・・ 2500万円以下の部分
・適用年・税額控除率 ・・・ ※1〜6年目まで借入残高の1%
               ※7〜10年目は借入残高の0.5%
・最大控除額 ・・・ 200万円

●住居年がH20年の場合
・控除期間 ・・・ 10年間
・年末ローン残高 ・・・ 2000万円以下の部分
・適用年・税額控除率 ・・・ ※1〜6年目まで借入残高の1%
               ※7〜10年目は借入残高の0.5%
・最大控除額 ・・・ 160万円

住宅ローン控除制度とは

住住宅ローン控除制度とは、住宅ローンを利用して住宅を購入したり新築したりしたとき、給与や賞与から差し引かれた税金の一部を戻してくれるという制度 となり、言い換えて言うと、一定の条件を満たすと所得税・住民税が減税されるものです。

15年間の合計で、最高で587万5000円ほどの税金が返還されるので、なんともラッキーな制度です。



住宅ローン金利比較シュミレーションのTOPへ>>>