住宅ローンの審査

住宅ローンの事前審査について

住宅ローンを受けるに当たって、現在ではほとんどの金融会社は「住宅ローンの事前審査制度」を取り入れています

事前審査の目的には、「通るかどうか不安」という人のために、仮審査をして結果を通知するということとなり、原則3日以内に仮審査をして結果を連絡することになっています。

今までは・・・。

/修傾みを決意
   ↓
⊃該困鮗ける
   ↓
審査を無事に通過
   ↓
い茲Δ笋ローンの融資が受けられる


・・・という流れだったのですが、

\茲某該困鮗けられる
   ↓
仮審査の連絡を受ける
   ↓
7覯未砲茲蝓▲蹇璽鵑鯣羈啗‘い任る


ということができるようになったということになります。

事前審査制度のメリットが、まさしくココにありますね。

さらに、この制度の最大の魅力というのが、手数料が無料というところ。

制度を利用する際の流れは、以下のようになります。

 崕斬陬蹇璽鷸前審査申込書」を該当金融機関に提出。

⇒算餡梢該困行なわれる。

申込書提出から原則3日以内で、仮審査の結果が通知。

た修傾むか検討

ネ算饋該

ν算饉孫


・・・となります。

住宅ローンの審査

住宅ローンと言えども、しょせんは「借金」です。

しかも高額な金額の借金となりますので、当然「審査」というものが発生します

この審査で重要視されるところは、借り手の「返済能力」です。

借りたお金をきちんと返済できるのかという能力を見られるので、定職についていない人は、住宅ローンを受けることはできません

借金の基本は、住宅ローンでも、キャッシングでも「信用」と「経済力」となります。

審査の際には、「個人信用情報機関」で過去の返済についてのことが調べられますので、以前にクレジットカードやローン返済において返済が滞っていると、ブラックリストに載ってしまっていることになるので、約5年はお金を借りられなくなってしまいます。

もしも借り換えであった場合、一度でも延滞をやっていると「即ダメ」だと思ってもいいでしょう。



住宅ローン金利比較シュミレーションのTOPへ>>>