住宅ローンにかかる手数料&保証料について

住宅ローンには「手数料」などもかかるため、融資だけに頼ることなく、ある程度の「自己資金」も用意しておきましょう

マイホームを購入する際にかかる費用は以下のようなものとなります。

・マイホーム取得の登録免許税
・不動産仲介料
・銀行の各種手数料
( 事務手数料、保証料、保証事務手数料)
・繰上返済手数料
・金利切替手数料
・条件変更手数料
・証明書発行手数料


諸費用でかかる金額の総額は、新築住宅購入で100万円程度、中古住宅購入で200万円ほどかかるので、やはりある程度の自己資金は必要となってくるでしょう。

何で新築より中古の方がお金がかかるの!?と疑問に思った人はいませんか?

それは、中古住宅というのは、仲介の不動産への手数料がかかってしまうからなのです。

しかも、保証料については、借入金額に応じて支払金額も大きくなってきてしまうため、予めよく確認しておく必要があります。

なぜなら、保証料は、利用する金融機関が間に保証会社を利用するかどうかで金額に大きな差が生じるため、50万円以上になることもあれば、まったくお金がかからず0円なんていうこともあるからです。

それでは、保証料というのは一体どんなものなのかを説明しておきます。

保証料とは、連帯保証人のかわりに、保険会社が保証人になってくれる際の手数料のことです。

連帯保証人というのは、お金を借りた本人が返済できない状況に陥ったときに、その本人の代わりに借金を返済することになるのですが、たとえ1万円の借金であっても、連帯保証人になってくれる人なんて、そうそういるわけありませんよね?

ましてや、何千万という借金となればなお更です。

そのため、保証会社が保証人になってくれる・・・ということになるのですが、保証料というのは、その見返りに、お金を支払うということになります。

だからと言って、よくカンチガイしている人がいるのですが、保険会社が借金を全て請け負ってくれるわけではありません!

もしも借金を返せなくなってしまい、保険会社が代わりに支払ったとしても、今度は保険会社に借金をしているという状態になるということなので、安心しないようにしましょう。

また、 繰上げ返済の手数料は、手持ちの資金に余裕ができたときに支払えるものなので、手数料がかかるかかからないかを、金融機関にきちんと確認しておくことが大事です。

土地や家を売買したら、自分の権利を明らかにするために、所有権の保存登記・移転登記などをすることになり、また、銀行などからお金を借りる場合にも、抵当権・根抵当権の設定登記をすることになるのですが、この登記をする時にかかるのが手数料が「登録免許税」になります。

【登録免許税算出式】

不動産の価格(固定資産税評価額)×税率=税額




住宅ローン金利比較シュミレーションのTOPへ>>>