都市計画税

都市計画税とは、都市計画法に定められている市街化区域に住宅を建てたり買ったりして所有した人に課せられる税金で、納税の方法は、固定資産税と合わせて納めるという形を取られています

市街化区域とは、商店・事務所など自由に建設できる都市計画法で定められた区域のことをいい、一般的に都心部に多く存在し、都市計画税の税額は、固定資産税と同じように、土地や建物などの不動産評価額に各市区町村が定める税率をかけて算出します。

この都市計画税にも土地部分についての軽減措置が受けられますので、自分があてはまるかどうかの確認を事前にしておくようにしましょう。

【都市計画税の算出方法】

課税標準額 × 税率 = 税額


   住宅ローンの見直しで700万円節約に成功!